ブログの「です・ます」調を「だ・である」調に変えてみようと思う

今まで記事を書いてきた中で自分がこだわってきたのは文体。語尾が「です」「ます」など丁寧な語り口になるように気をつけてきた。

最近になって、少しこの語り口に悩むようになってきた。最初はどの語り口が正解なのか判らず、とりあえず「です・ます」調でひとまずここまで書き続けてきた。だが、ここにきて、急にどっちの口調で書いていくのがいいのか判らなくなってきた。

ブログの文体を考察してみる

上にも書いたが、今まで私は「です・ます」を多用していた。今回、どの語り口がいいのか判らなくなったそもそもの原因は、今までの自分が書いてきた記事を読み返してみて「硬いなぁ」と思ったからだ。

語尾に 「です・ます」 を使う事で、丁寧さを強調して書いてきたつもりだったが、どうも読んでいて息が詰まるというか・・・

もちろん全ての記事で硬いと思った訳ではないが、過去の記事を読み進めるにつれて、どうしても自分を少し偽っているような落ち着かない気分になった。

どこか余所余所しいというか・・・。もっと自然に書ける文体でないとこの先続けていくのに行き詰ってしまう気がしてならなくなって、口調が決まるまで書けなくなってしまったのだ。

元々、私が書きたかったブログのスタイルは?

そもそも私がブログを始めたのは写真メインのフォトエッセイようなブログを作りたかったからだ。この「エッセイ」という文の文体に注目してみると、エッセイと呼ばれる文章の大半は「です・ます」口調は使われていない。

というのも、そもそもエッセイの意味は散文や随筆といった意味があり、自分の感じた事や思った事をストレートに書く文なのである。「だ・である」調の方が向いているといえる。

また、ブログはウェブのログなのだから、日記のような文面の方が合っているような気がする。日記では「です・ます」はまず使わない。

こうやって考えてみると私は「だ・である」調の方が合ってるような気がする。

レクチャー等の記事を書く場合は「ですます」がいい場合も

ただ、教えたり説明したりする記事を書く場合は「です・ます」を使うと丁寧な文になる。「です・ます」調は手紙のように相手に向けて書く文章に向いてると感じた。

ただ、レクチャーするにしても、丁寧な文面じゃなくても解りやすければいいとは思う。レクチャー系のブログでも「だ・である」を使用しているものもある。こちらは逆に語尾が強い分、説得力がある。レクチャー系の記事を書く時はどうするか迷うところであるが、一先ず「だ・である」調を試してみようと思う。

ケースバイケースなので自分に合う口調を、文体を選ぶのいいと思う。あくまでどちらが良いとは断定できないのがここの部分だ。

正し、一つ断言できるのは「一つの文章で二つの文体を混ぜるのは辞めたほうがいい。文章にまとまりが無くなるだけだ。私もこれだけは今までも気をつけて記事を書いてきた。

まとめ

結果、自分が落ち着く文体、口調で書くのが一番いいと思う。私も今回「だ・である」調で書いてみたが、非常に書きやすかった。もう少し早く変えておけば良かったと思うくらいだ。

多少砕けた文体でもいいと思う。

あと私は文体を気にする事で、誰に気を使っていたんだろうと思った。 人に気を使っていては自分の本当に感じた事、思った事を発信する事は出来ない。そもそも ブログ自体、別に仕事じゃないんだし、自分の好き勝手にしてもいいのだ。今後は気楽に書いていこうと思う。

最後に・・・

ブログを始めて文体ばかりを気にして、なかなか文章が書けないのなら、一先ず「です、ます」か「だ、である」の文体で書き始めてみる事をおススメする。ブログは書いてなんぼの世界だ。

きっと私のように自分に合った文体が見つかると思う。そうすれば、自分の思った事、感じた事に素直に表現できるようになるに違いない。

関連記事

投稿しないとブログ価値が落ちる?アクセス数も落ちる?

ネカフェ作業。集中力半端ない!

ブログは続けていくことに意味がある

ブログのカテゴリーを見直してみた

写真に説明はいらない

「祝 100記事」過去の記事振り返ってみた