富士フイルム Xシリーズのコンデジ 「XQ1」を手に入れました。

ひょんなことからXQ1を手に入れました。

昔後継機のXQ2を持ってた事があるんですけど

XQ1を使ってみて思うことは

全くXQ2と使用感が変わんねー!

って事です。

もちろんXQ2はフィルムシュミレーションの「クラシッククローム」が

選べたり違いはあるのですが、旧機種といえども

それ以外の変化は特に感じられませんでした。

wifiの転送機能も付いてますしね。

では、いつものように撮った写真をとりあえずアップしていきます。

試し撮りだったのであまり大したものは撮れていませんが・・・

使ったフィルムシュミレーションはすべて「ASTIA」です。

比較的、初期型の色に近いASTIAの色で気に入りました。

それにしても

なかなか綺麗に写りますね!

コンデジとは思えない・・・

ポテンシャル高いです!

レンズもテレ端でF1.8で望遠端でF4.9と優れています。

また何よりFUJIFILMの色が出せるフィルムシュミレーションが

使えて気軽にXseriesを楽しめるのがいいですね。

パッと出してサッと撮れるのがいい。

レンズ交換式のカメラだとレンズのキャップを取って・・・

という動作があるのでこうサクッとはとれませんよね。

残念ながらFUJIFILMはこのタイプのコンデジとしてはXQ2が最後で

それ以降コンデジから手を引いてます。

最近ではXQ1、XQ2も中古で売っている物も少なくなってきました。

とてもいい機種ですので、中古で状態のいい個体が見つかれば

ゲットする事をお勧めします。

関連記事

PENTAX K-1 Mark2 ISO感度の実力は?高感度検証

富士フイルム Xシリーズ X-Pro1 との出会い

一眼レフ、ミラーレスでマニュアルモードを使う前に覚える3つのこと。2つ目 ~シャ...

撮影前の試し撮りは大切

フルサイズ機 どっちがいいの?CANON 5D MarkⅣ と PENTAX K...

富士フイルム Xシリーズ X-Pro1からX-Pro2で何が変わった?今更変更点...