富士フイルム Xシリーズ X-Pro1 との出会い

私がFUJIFILMのカメラを初めて手にしたのは今から4年ほど前になります。
元々キヤノンのフルサイズEOS-6Dを使用していたのですが「一眼レフですよ!」と言わんばかりの見た目にちょっとカメラを構える違和感を感じるようになりました。

EOS 6DとEOS M子

EOS 6DとEOS M子。パンケーキレンズで軽量化してました。

そして次第に気軽にスナップを楽しめなくなりました。6D使用時には良いグレードのレンズ、Lレンズも付けていたのですが、やはりデカイ・・・
常に「軽さ」「手軽さ」を求めていました。

なのでEOS Mを購入したのですが、結局写真を撮ることも減ってついにはお金欲しさに二つとも手放してしまいました。

でも、心の底ではいつかまた写真を始めたいなぁという気持ちがあったんですよね。

ある日久しぶりに価格.comのページをふと覗いてみると以前から気になっていたFUJIFILMのカメラがバーゲン価格で売っているではありませんか。

レンズキットで単焦点しかないとかどういう事だよと思いつつも、こういった変わったカメラで写真撮ってみるのも悪くないなぁと思ってついつい買っちゃったんですよね。

XF35mmF1.4が付いてたしか8万ちょっとだったと思います。今考えたらスゴくお買い得ですね・・・

買って1ヶ月位はこんな感じで身の回りの何でもない物を撮っていました。

別に何の変哲もないものですが、その撮れる写真の色味に魅せらせてドンドン撮ってしまっていました。

X-Pro1は久しぶりに撮ってて楽しいと思えたカメラでした。

「これ、フルサイズに迫る勢いってホントだな・・・」解像力に圧倒もされました。

APS-Cを見直しましたね。これで十分じゃんって。

元々こんなローキーな写真が好きだったんですけど、こんな感じに撮ってもX-Pro1はちゃんと答えてくれる。

X-Pro1との出会いで一気にFUJIFILMの虜になってしまったのでした。

関連記事

富士フイルム Xマウント レンズ 「XF50mmF2 R WR」は値段以上の写り...

一眼レフ、ミラーレスでマニュアルモードを使う前に覚える3つのこと。3つ目~絞り編...

一眼レフ、ミラーレス マニュアルモードで撮ってみませんか?

FUJIFILM Xマウント 望遠ズーム XF55-200mmF3.5-4.8 ...

今日はFA77mmF1.8 Limited で開放祭りだぞ!

さようなら PENTAX KP