G-SHOCKは最高の時計だ!

私の愛用している時計。

それは……そう!誰もが知ってるG-SHOCK。

何を隠そう、私はG-SHOCKが大好きなのです!

「大人ならもうちょっといい時計つけなよ」

という声が聞こえてきそうですが…

いやいや!G-SHOCKこそ最高の時計なのです!

今日はG-SHOCKの素晴らしさを語りまくります。

私が持ってるG-SHOCKを紹介します。

私が持ってるG-SHOCKは2つ。

はい!こちらになりまーす!

G-SHOCK伝統のスクエアデザイン。ORIGINシリーズ。

左が「GW-5000-1 JF」 で右が 「GW-M5610BA-1JF」

昔ながらのスクエアデザインがとても気に入っています。

機能は2つとも変わらず

タフソーラー、電波時計、アラーム、ストップウォッチがついています。

お値段ですが

右の「GW-M5610BA-1JF」は定価20,000円+税で

左の 「GW-5000-1 JF」は定価38,000円+税です。

見た目、変わらなのに 「GW-5000-1 JF」は何故2倍もの値段がするかというと、G-SHOCKでは珍しいMade in Japanで更にメタルケース・スクリューバックを採用しているからなんです。

表は同じに見えても裏は全く別物です。

メタルケースを採用すると強度が増し、G-SHOCKが更に頑丈になるというメリットがあります。メタルケースだと通常、電波時計の機能を持つ時計は電波を受信しにくなるのですが、このモデルはそこをクリアして世界6局の標準電波を受信することに成功しています。

裏面のスクリューバックもミラー加工を施していので高級感がありますね。

メタルケースの為、実際に腕に着けた時にズッシリ来るのがわかります。

電波時計で時間も狂わず、さらにタフソーラーで電池交換不要。

更に防水仕様で汚れたらガシガシ洗えて、おまけに頑丈で壊れにくい。

このコンパクトなボディに詰まった機能性。

最高ですね!

こんなに素晴らしい時計があるでしょうか?

2つのORIGINシリーズの使い分け

私は普段、高級な 「GW-5000-1 JF」 は使わず 「GW-M5610BA-1JF」 を使っています。

ブルーの文字盤が気に入っています。

「GW-M5610BA-1JF」はバンドが樹脂バンドで、付け心地はプラスチッキーですが傷が入りにくく仕事や普段遣いにはもってこいです。

そういえば……この前、近くのドラッグストアの店員さんが同じものを着けていて、ちょっと親近感感がわきました。

一方 「GW-5000-1 JF」 はというと特別な日やお出かけの時なんかに着けますね。

あと、家でも気合を入れるためブログを書く時に着けて書いたりします。(やる気が10%くらい増します。)

こちらはあまり着けている人を見たことがないですね。

使い分けはこんな感じですが、気分が乗るとこんな感じで2個つけることもありますよ!

………すいません、流石に嘘です。

本当はもう一本、同じ形の黒液晶の反転でメタルバンドの物があったのですが、どこかで無くしてしまったようで未だに後悔しています……。(機会があったらまた同じものを買い直すと思います。)

いつでも着けっぱなしにしても気にならないG-SHOCKはホントにいい時計です。

最高です!

好きです。 愛しております!!!

電波時計、ソーラーの腕時計をお探しの方は絶対におすすめですよ!!

関連記事

ケロリンコップで飲み物を飲むと○○を飲んでる気分になる

物との向き合い方

1つで4役の万能ワックス 【kippis キッピス 肌と髪のトリートメントワック...

マイボトルで節約!水筒男子のススメ!

壊れた薄型ノートPCを無理やり分解してみた!

万能の塩! マグマ塩の効果がスゴイ!