煮小豆デトックスしたら体に驚きの変化が!ダイエットにも効果あり

煮小豆デトックスを行ってみました。

煮小豆デトックスとは体の排毒が完了するまで、朝、晩、煮小豆しか食べないという、なんとも修行のような苦行のようなデトックス方法です。(昼は食べない)

今回友人から紹介されたムラキテルミさんの著書である、「腸をきれいにする 奇跡の煮あずき」という本を読んで、私も煮小豆を使ってデトックスしてみようと思いました。

友人も体調にかなりの変化があったようですので、自分の体にどのような変化が起きるか楽しみでやってみました。

不調は体にたまっている毒素が原因

忙しい毎日を過ごしていると体が不調になっている事に気づく場面が場面が増えます。例えば朝起きた時に体がだるかったり、仕事中に体が重くて眠くなってしまったり、疲れが取れずに体がだるかったり・・・

日々の食生活やストレスが原因だと思うのですが、なかなか根本的な解決に至るのは難しいですよね。

こういった不調の原因は体にたまっている「毒素」が原因だと言われています。

体にある毒素って言うのは脂肪にたまるそうで「脂肪毒」といいます。
何やら小豆にはその脂肪毒も溶かして出す力があるようなのです。

「ほんとかいな」と思いながら自分の体で実験してみる事にしました。

ちなみにデトックス前の体重は51.4Kgです。

実際本当に脂肪が排出されていくのであれば、体重も落ちて痩せていくはずです。自分は基本痩せているのですが、20代後半からお腹がポッコリ出てきたのでここが改善出来ればいいかなとも思っています。

しかし、目的はデトックスにあるのでダイエットは視野に入れていません。体重はあくまで目に見える変化の一つとしてやっていきます。

デトックスというと汗をかいたりすることでデトックス効果があると言われていますが、実際に体から毒素を排出する割合は以下の通りです。

  1. 便 70%
  2. 尿 20%
  3. 汗 3%
  4. 髪 1%
  5. 爪 1%

汗って割合低いですよね(^-^;

じゃあ、どうして汗をかくことがデトックスに効果があるのかというと、運動やお風呂に入って腸が動いたり、体が温まると便が出やすくなったりする事からデトックスに効果があると言われています。

また、腸内環境の大切さについて書かせていただきましたが、煮小豆を食べる事によって、腸内にある宿便も出てくるようで、これは期待大です!宿便は普段快便の人でも3kgはあるそうです。そんなのが体にあると思うと恐ろしいですね(^_^;

小豆を煮る為の前準備 

では早速、具体的に私が行った煮小豆デトックスの方法をご紹介していきます。

まず煮るのに小豆と道具をそろえないといけません。

準備したもの

準備したものを書きだしてみます。

  • 小豆2Kg 
  • 鍋 
  • カセットコンロ & カセットボンベ 


小豆は無農薬の物を買い、1㎏ 2400円を2袋買いましたので4800円。小豆ちゃんにかなり散布しちまった訳ですよ。

小豆二袋

正直高いです。
高級品です。

デトックスしたい!と思いつつも小豆の値段が高いで躊躇していました。 まあでも一日200g食べるとしても2kgあれば10日はもちますので、1日の食費が800円で済みます。これはかえって安上がりかもしれません。

カセットコンロを用意したのは、家のガスコンロを使うと「ガス代がどうのこうの」言われそうだったので気にせずに煮るために使用しています。

カセットコンロ「火子ちゃん」

ガスコンロ、電気コンロが使える方は必要ありません。

煮小豆の作り方

①ボールや鍋でもいいのですが、まずは小豆を測って入れます。

  一先ず250g程度で私は煮ました。

②汚れを落とすために水でかき混ぜるようによく洗います。

  この時水に浮いてくる小豆は未成熟なものですので捨てます。

③そこに3倍の量の水を入れます。

④一晩(12時間以上)放置

ここが重要なのですが、なぜ12時間以上置かないといけないかというと、豆類は種子に当たるのですが、 種というのは酵素抑制物質というものが含まれています。

この酵素抑制物質というのが人間にとって毒となります。

いいですか。毒です。デトックスするのに毒を入れたくないですよね?

この酵素抑制物質は発芽状態になるまで種には含まれ続けるのです。

つまり小豆を12時間以上浸水し、発芽状態にすることで酵素抑制物質が水に溶けだすわけです。

12時間以上浸水すると下の写真のように小豆が少し白くなります。

この浸水した水はそのまま使って大丈夫です。

⑤小豆を約3時間煮る

ここでも注意しないといけないのが火力です。小豆は皮も薄く浸水によって形が崩れてしまいます。小豆が沸騰して踊らないよう、火力は極弱火で煮ていきます。

この火力でも強すぎると思います。カセットコンロだと意外と調整に苦労するかもしれません。

また、基本火の元から離れないようにしないといけませんが、カセットコンロの場合はボンベの残量に注意しましょう。私ももう煮えるかなと思って見てみたらボンベが空で火が消えていて無駄な時間を過ごしました。結構な絶望感ですよ!

極弱火ですのでボンベ一本で約1.5回分くらいの容量がありました。

あと、煮ていくと水分がなくっていきますので、私は水を追加で足したりもしました。

小豆をつまんで潰れるようになれば、ようやく完成です。

この量で朝晩お茶碗一杯食べて約2日分ありました。冷蔵庫で保管すれば一週間はもつそうですので、大きい鍋が用意出来るのであれば作り置きしてもいいのかもしれません。

実際に煮小豆デトックスやってみる

一日目から失敗

どんな結果が出るのか未知数なので、不安と期待が入り混じった気持ちの中、家族に「今日から俺は煮小豆しか食わん!」という宣言をしました。

周りはかなりの白い目です。(また何か始まったなという痛い視線)

妻は小豆を煮る時の匂いがおいしそうだったので、煮小豆には興味津々でした。

そして味見にと一口口に入れるなり、「味がない、砂糖が欲しい」と言い出しました。

そして

「その小豆に砂糖入れて更に煮詰めてあんこにしてよ」

と言い出したのです。

今日からスタートだっていうのになんちゅう事言うんやと思いました。

「ホットケーキ焼くからさ、あんこにバターとハチミツかけたらおいしいと思うよ」

と更にかぶせてきました。

おいおい・・・それはうまそうだな・・・と考える前に手が動いていて・・・

気が付いたらバター、ハチミツ、あんこが乗ったホットケーキを食べていました。!(^^)!

なんってこった・・・やはり休日から始めるのはかなり無理があったようです。誘惑が多すぎる・・・ いやしかし、うまかったです・・・!

という訳で土日はあきらめ月曜からスタートすることにしました。

土曜の夜に浸水して日曜の夜に煮小豆を作り直し、再スタートです。

1日目

仕事をしながらの煮小豆デトックスですので不安もありましたが、どうにかこなしました。

夜帰って煮小豆しか食べれないのは、なんとも寂しいというか侘しいですね。台所に漂う夕飯の残り香に全集中の呼吸・・・食べたくなったらまずいのでさっさと煮小豆を食べます。

ウンチは昼に二回です。初日からモコモコしたのが大量に出ました。

2日目

朝起きて煮小豆を食べるもあまり入らないものですね。味がないのでマグマ塩をかけて口にかきこみました。

体調は特に何も変化はありません。肉とか食べたいなと思うものの煮小豆を食べれば別に他の物を食べたいとは特に思いませんでした。

煮小豆を食べるまでがきついのです。

3日

煮小豆以外に口にするものは水と塩のみです。会社からの帰りにも塩を舐めようと塩を口に含んだのですが、ある異変に気付きました。右奥の歯茎が腫れて塩がすごく染みるのです。その時は小豆の食べ過ぎで胃がやられて口の中が荒れているのだろうと思いながら家路につきました。

さてこれから心頭滅却タイムの始まりです。今日の家族のご飯は・・・

おーっと牛丼だぁ!しかも、つゆだく!妻は歯が痛いので食べれないから食べてもいいよと言ってきました。・・・ふざけるな。

男は黙って煮小豆を食うのです。

今日はウンチした時に水に油のような油膜が浮いていました。脂肪が溶け出しているのかな?なんだか体がダルかったので、この日は早めに休みました。

4日

朝起きると口奥の歯茎の腫れがさらに悪化しています。上の親知らずに緩衝するようになっていました。これが腫れている所に歯が当たるから痛い・・・

煮小豆を噛むのですら痛いのです・・・。この日は初めて煮小豆を残しました。

この日、ウンチも少し出にくくなりました。

夜に口の中が痛いと友達に相談すると「それは好転反応だ」と言われました。

色々と調べてみるとファスティング(断食)などを行うと頭痛や体のダルさ、人によっては吐き気が起こるなど、好転反応としてさまざまな症状が出るようです。この好転反応で人によっては重い症状が出るそうで、体の不調だと思いファスティングを止めてしまう人がいるそうです。

私も煮小豆のデトックスは胃に悪いと勘違いしていました。調べていくと悪いところに反応が出てくるそうなのです。その為、古傷が痛んだりするそうなのですが、私のこの口の奥の歯茎の痛みは何だろう・・・しばらく考えていると、思い当たりました。

・・・これは親知らずを抜いた痕だ!

10年前に抜いた親知らずの痕が今更腫れていたのです!これはすごいですね・・・・

噛むのが辛いというか、噛まなくて口を閉じてるだけでも痛みます・・・

この日も小豆を炊こうと、昨日一晩寝かせていた小豆を火にかけようと鍋に移したら、小豆が水を吸って水が少なくなっていることに気が付きました。
水を足しとくかと思っていたのですが・・・・まさかの天然水の買い置きがない!!!

冷蔵庫にもストックにもない・・・

・・・と、ここで目についたのが炭酸水です。天然水100%って書いてるじゃん。

これ使えるかもと思い、小豆にぶっかけてみました。かなりシュワシュワいっていましたが、水の代用としては大丈夫のようです。3時間煮てみて味見をしましたが、どことなく小豆が柔いような気がしました。・・・気のせいかな。

5日目(デトックス終了)

この日ついに黒いウンチの後に黄色のウンチが出てきました。黄色くて赤ちゃんのウンチのようなものが出たらデトックスは終了です。悪いものが出尽くしたという訳ですね。

体調はまあいいものの歯茎の腫れはまだ続いています。

回復食

この日は回復食として甘酒を作って飲みました。おお・・・この甘味懐かしい。

ファスティングが終わった後はいきなり固形物を食べるのではなく、重湯、もしくはおかゆなど体に負担にならないものを食べるようにしましょう。

・・・ただ、ファスティングのように煮小豆デトックスは煮小豆を食べているため、胃や腸は別に食べ物を入れても受け付けてくれるように思います。

・・・これはあくまで私個人の考えですけど、回復食というよりは、「体にいいものを少量食べる」という事を意識するだけでもいい気がします。つまり、何でも食べていいという訳ではなく、できるだけオーガニックで体に良さそうな物を取り入れるという事を行えばいいと思います。 せっかく真っ新になった体に添加物などを含む悪い食べ物を入れ込むとかえって体調を崩しかねません。ただ、個人によってはいきなりは食べれないっていう人もいるでしょうから、そういう時は無理せずにおかゆ等を食べたりしてください。

デットクス後の体の変化

やり終えた感想は、やり切った感じと清々しい気持ちと同時に

「二度とやらねー!」という気持ちでいっぱいです!


一年通してもこんなに小豆を食べたことは今までない思います。一生分の小豆を食べた気分です。

もう小豆食べたくないなぁ・・・と思っていたのですが、次の日、回復食の一環として結局、煮小豆と甘酒を食べることにしました。

煮小豆デトックスをしてみて、小豆しか食べれない辛さというより、歯茎の痛みの辛さの方が大きかった気がします。しかし、好転反応が出たという事は正しくデトックス出来ていたという事です。

さて、気になる体重ですが、どうなっているのか量ってみました。

・・・

・・・・・!!!!あれ?(笑)

やばい!メチャクチャ痩せてる!!!始める前が51.4Kgだったので4日で4Kgも痩せています・・・すさまじいですね!!!!

一日1Kg落ちたって事ですよね(^_^;)

予想以上です。そういわれればポッコリお腹も改善されています。

しかし、こんなに短期間でこんなに体重が落ちるものなのかと少々ビックリですね。

あと、この煮小豆デトックスをするなら家族の協力は絶対に必要です。周りの協力なくして煮小豆だけで数日間過ごすっていう事は不可能です。家族の人に理解を得て、無駄な食べ物の誘惑をしてこないようにしてもらうようにしましょう。また、心配をしないようにキチンと説明をしておくことをお勧めします。

体調は回復食を行うにつれて日に日に良くなっていきました。歯茎の腫れが引たのはそれから一週間です。肌もデトックス中は荒れてカサカサしてたのですが、一週間経つと潤いがあるように感じました。

色々美容にも効果がありそうですので、内面からキレイに痩せたい女性にはおすすめですね。

デトックス中は体調悪化などもあり、きつい場面もありますが興味のある方は是非やってみてください。

関連記事

万能の塩! マグマ塩の効果がスゴイ!

体に良い塩、悪い塩とは?

腸活 痩せ菌ダイエット 日々の食事に甘酒ヨーグルトで痩せやすい体に

急性腎盂腎炎で死にかけた話

毎日飲むお酒やめてみた

簡単!ヨーグルトメーカーで作る甘酒