体に良い塩、悪い塩とは?

高血圧の方が気にする塩分の摂りすぎ。

商品でも「減塩!塩分控えめ!」と謳ったものがスーパーでは溢れかえってます。

塩は体に悪い物。

といったイメージが強いんではないでしょうか?

減塩商品の代表 味噌汁

よく減塩商品で聞くのが味噌汁。

減塩の味噌汁飲んだんですけどマズイですね(^^;)

ドラマなんかで爺さん、婆さんが

「こんな辛い味噌汁飲ませて!ワシを高血圧で殺す気か?!」

と嫁さんをいびったりするシーンをよく見ます。

味噌汁の塩分が高くて体に悪いといった認識をみんな持っていると思うのですが、実はそれ間違いなんですよね。

ある味噌汁が大好きな女性がいて、朝昼晩 毎日 味噌汁を飲んでる人がいたのですが、その人の血管を調べたところ、血管がしなやかで医師もびっくりするほど血管年齢が若いといった結果が出たんです。

つまり味噌は高血圧にはあまり関係ないって事です。

ただし、味噌と言ってもなんでも良いわけではなく、ちゃんと発酵させた味噌っていうのが大事です。

あと、味噌に使われる塩は「精製塩」ではなく、「天然塩」を使っていることが好ましいです。

話が味噌の話になっちゃいましたけど、

今回は、この「精製塩」と「天然塩」についてお話します。

精製塩と天然塩ってどう違うの?

私達が一括りに「塩」と呼んでいるものに「精製塩」と「天然塩」と呼ばれるものがあるのはご存知でしょうか?

スーパーなんかにおいてある安い塩はほぼ「精製塩」。

テーブルソルトや味塩なんかも「精製塩」になります。

「精製塩」というのは製造の工程で不純物なんかを取り除いた「塩化ナトリウム99.5%の塩」の事です。

「精製塩」の製造工程ではイオン交換膜透析法という手法で海水から塩化ナトリウムを取り出す工程があるのですが、この手法を用いることで 大量に塩を製造でき、なおかつ安定した品質を保つことが出来るのです。

体に悪い塩
工程にイオン膜とあります。

つまり、品質の良いものが大量生産出来るから安価なんですね。

一方「天然塩」というのは、かなーり手間がかかります。

天然塩でよく聞くのは「天日塩」ですが、塩田で集めた海水を天日干して塩を作るんです。

こうする事により「ミネラル」を残した形の塩が完成します。

この「ミネラル」こそが人間にとって必要な栄養素なんです。

高血圧の原因は塩化ナトリウムの摂りすぎ

「精製塩」の成分がほぼ塩化ナトリウムになりますが、実はこの塩化ナトリウムが高血圧の原因となっているんです。

この高純度の精製物である塩化ナトリウムをとると体に悪い活性酸素が発生します。しかも塩化ナトリウムのみですので、体のミネラルバランスも崩れてしまうのです。

過剰な塩化ナトリウムの摂り過ぎが万病のもとにつながっているんです。

一般に出回ってる安価な塩というのはこの「精製塩」ですので「塩」が体に悪いという認識をみんなが持っているんですね。

体に良い塩はミネラル豊富な「天然塩」

塩化ナトリウムが成分の殆どを占める「精製塩」に対し、「天然塩」はミネラルを豊富に含んでいます。

主に天然塩のミネラルというのは「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」となります。

中でも「カリウム」は腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制し、尿で排泄を促進する嬉しい効果があります。

つまり、「カリウム」を含む天然塩を摂取すればナトリウムの抑制により、逆に血圧を下げる効果があるんです。

これはすごいですね!

また、カルシウムとマグネシウムの摂取バランスは

2(カルシウム):1(マグネシウム)が理想的と言われています。

これが崩れると体に悪影響が出ます。

普段生活していてもカルシウムは摂取できてもマグネシウムはなかなか摂取できないのでマグネシウム不足が起きるんです。(カルシウムの摂り過ぎはすなわちマグネシウム不足を意味する。)

天然塩はカルシウム以上にマグネシウムが多く含まれている事が多いので、天然塩を摂ることでマグネシウム不足が解消されます。

昔の中国の皇帝は体調の変化を確認するために塩を舐めてその味で健康状態を管理していたそうです。甘く感じれば健康。逆に苦くまずく感じたら不健康といった具合にです。 つまりミネラルが不足を塩で確かめ、健康管理をしていたという訳です。

このように天然塩には体に必要な大切な成分がたくさん入っているのです。

成分でおすすめの天然塩 ぬちまーす

色々な天然塩がありますがミネラルの保有量でおすすめなのが、この「ぬちまーす」です。

沖縄の海水100%の塩ぬちまーす

海水を霧状に噴霧し空気上で塩と水分に分ける「常温瞬間空中結晶製塩法」 という超必殺技の名前のような手法で海水100%の成分の塩です。


マグネシウムカルシウムカリウム
ぬちまーす3160mg900mg960mg
粟国の塩1530mg548mg560mg
海の精700mg400mg240mg
赤穂の塩550mg10~70mg20~80mg

成分の高さを見ると圧倒的ですね。

このミネラル保有量はギネスにも乗っているらしいです。

ぬちまーすは成分として見るとかなり優秀なのですが味が独特というか単体で舐める塩ではないですね。

料理の隠し味なんかではいいんじゃないでしょうか。お菓子とか。

なんかあまり単体で舐めたくないというか、おいしい!という感じではないですね(^-^;

・・・ミネラルが関係してるのかな?でも栄養バランスを考えるとかなりおすすめです。

追記:私が一番おススメする塩の紹介記事を書きました。 ぬちまーすとはまた違って単体で舐めてもおいしい塩ですので 、よかったら参考にしてみてください。舐めたらその味にビックリすると思いますよ。

美容や健康維持にサプリや食品を取り入れたい・・・また普段使う調味料や食材も出来るだけ体にいい物を使いたい・・・こう思っている方は多いかと思いま...

人間は海から生まれてきた。

血液、羊水の組成ですが実は海水とほぼ同じと言われています。

盛り塩

よく生命は海から生まれてきたと言われますが、正にこの事実を証明していますね。

自分たちの命の源に近い、海からの恵みの「天然塩」を積極的に摂取したいですね。

関連記事

米麹から作る甘酒〜ヨーグルトメーカーでの作り方〜

毎日飲むお酒やめてみた

腸活で痩せる!甘酒ヨーグルト

薬草たっぷり健康茶 [くぼての里 清爽健麗茶]

煮小豆デトックスしたら体に驚きの変化が!ダイエットにも効果あり

急性腎盂腎炎で死にかけた話