壊れた薄型ノートPCを無理やり分解してみた!

HP社のPavilion x2。

電源の入らなくなった薄型ノートPC。

これさえあれば、どこでもブログ書けるぞー!と意気込んで買った薄型ノートPC

ブリザードホワイトって真っ白なボディーカラーが好きだったのに・・・

こんなに早く壊れるなんて・・・ううぅ

本当にダメなノートでした。安物買いの銭失いですわ。

大したデータは入っていなかったのですが、やはり抜けるものならデータを抜いておきたい。

なんとかハードディスクだけを取り出してデータの復旧が出来ないものかと中を開けてみる事にしました。

しかし、この薄型PCどうやって開けるんだ?

まず、全体を見てみて気付いた事があります。

それは

ネジが一本もない!

・・・という事(^_^;)

画面が分離出来るのでタブレットとして扱う事も出来きるので、これはデザイン性、機能面としては良いのですが、分解のしようがないですね・・・非常に困ります。

どうやって開けようかな・・・

横にしてみると何やら隙間があります。

もうここから無理やりこじ開けるしかないのかな・・・

うん、そうだね!

ドライバーを無理やりねじ込むしかないね!

反対側からチャレンジです。

ミシミシ!と不安な音がしますが、どうせ壊れているし、これ以上このPCに何を望む!

しかも、ドライバーを突っ込んだ以上、もう後戻りは出来ません。

ッオラーーー!!!!!!

(バッキ!!)

開きました。

なんじゃこりゃ。

普段自分が見慣れているPCの中と全然違いますね。当たり前だけど何もかもが薄い。

えーっと、SSDってどれだろう。

基盤にくっついてるはずだけど、見当たらない。

これかな?

と思ったらタッチパネルの制御している基盤っぽいです。

こうなったら基盤の周りを徹底的に確認です。

あれー・・・ないぞ!

うーん。まいったな。

横のこれはバッテリーだろうしなぁ。

バッテリーの下に隠れてあるのかも?一応バッテリーも取ってみます。

うわ!何これ。

指紋が付いて酸化して黒ずんでるじゃないの!

ヒドイなぁ、見えないからってこういう手抜きは良くないな。

まとめ

結果、基盤とSSDが一体になっている為、データの抜き出しが不可でした。

薄型のノートPCを買う場合は、データの抜き出しが出来るようにSSDが別に取り出せる製品がいいですね。基盤についてるようじゃいざ故障した時にどうしようもないです。

今使ってるPCがWindows7なのですが、バッテリー以外は、まだバリバリなのでWindows10を購入してHDDからSSDにチェンジして使っていこうかなぁなんて考えています。

関連記事

ケロリンコップで飲み物を飲むと○○を飲んでる気分になる

マイボトルで節約!水筒男子のススメ!

G-SHOCKは最高の時計だ!

1つで4役の万能ワックス 【kippis キッピス 肌と髪のトリートメントワック...

万能の塩! マグマ塩の効果がスゴイ!

物との向き合い方