マイボトルで節約!水筒男子のススメ!

仕事の合間、休憩中にコーヒーを飲んで気分転換。ずっと作業しているのは集中力ももたないし非効率。ブレイクタイムは必要ですよね。

コーヒー、ジュース、お茶・・・
しかし、たかだか100円と思って飲み物を毎日買い続けていたら、
かなりのお金がかかってしまいます。
貯金したい・・・やりたい事にお金を使いたいと思っている方は
一度飲み物に使うお金を見直してみてはどうでしょう?
休憩時間だからという理由から、惰性で飲んでいるジュース結構ないですか?
その一本を我慢する事でも月に残るお金は違ってくるはず。

とはいえ、全てを我慢する事は辛いですよね。
また、たかがお茶、水にお金を使うのはもったいないとケチるのは健康面でもよくないです。

そうなると考えるのがマイボトル、水筒です。

実際に使ってる私のお勧めのマイボトルもご紹介しますよ。

そもそも、飲み物に使ってるお金ってどれくらい?

以前はあまり気にせずコーヒーを買っていましたが、一体いくら毎日使っていたんだろうと計算してみました。

本当にショックを受けそうですが、現実を見ないとですね・・・

○ある日の私○

  • 午前中 コーヒー 100円
  • 昼食  お茶   130円
  • 午後  コーヒー 100円

んん!計1日 330円!?

いや、残業ともなるとプラスでもう100円は使ってる気がする・・・

月22日働くとすると・・・

7260円も飲み物に消えていっていることがわかりました。

・・・って、おいおい、飲み物だけで一体いくら使ってるんだ!

年間だと87120円・・・下手したらレンズ一本買えちゃいます(^o^;

マイボトルでのメリット

節約以外にもマイボトルのメリットがあります。

  1. エコである
  2. 好きな飲み物を入れられる
  3. 糖分の取りすぎを抑える事が出来る

1番目のメリットのエコという点ですが、 最近プラスチックごみが世界中で問題になっています。 使い捨てではないマイボトルはごみを出す事がありません。また保温機能があるものであれば、それだけで電気を使わず保温している訳ですから環境にも優しいという訳ですね。

2番目のメリットは好きな飲み物を入れられるという点です。、当たり前ですがコーヒーやお茶など自分の好きな物を入れられます。私はドリップしたコーヒーを入れて美味いコーヒーブレイクを楽しんでます。

3番目の糖分の取りすぎを抑える事が出来るというのを聞いて「マイボトルと糖分関係ないじゃん」と思われると思いますが、缶コーヒーはブラック以外であれば平均で角砂糖3,4個は入っています。

更にマズイのがコーラ等のジュースです。コーラは一本に約14個分の角砂糖が入っています。例えが極端ですが、自分が用意した飲み物に角砂糖14個も入れますか?入れませんよね。コーヒーにも4個入れるのだってためらうはずです。毎日買っている缶コーヒー、ジュースをマイボトルの飲料に変えて、自販機で買う事をやめれば、過剰な糖分の摂取を避けることが出来るのです。

こうやってあげてみると、マイボトルって節約出来てメリットばっかりですね。 デメリットをあげるとすれば、飲み物をボトルにつめる手間とボトルの洗浄する事の手間位でしょうか。、

マイボトルを選ぶ基準

じゃあ一体どんなボトルがいいのか。

たくさんのマイボトルがありますが、私が選ぶ基準をあげます。

  1. 保温、保冷性、気密性に優れている
  2. 丈夫である
  3. 洗いやすい
  4. おしゃれ

私はこの三点を重視すべきだろうと思います。

特に重視したいのが「保温、保冷性」です。せっかく持っていった熱々のコーヒーが冷めていたら美味しくないですし、喉が乾いていたら冷たい物を飲みたいですよね。保温性って大事です。更に保温性があれば同時に密封性があると言う事にもなります。気密性がなければカバンの中でこぼれて中身がビショビショになってしまう恐れもありますからね(^_^;)

あと、マイボトルを使う時はキチンと洗って雑菌の繁殖を防がないといけません。毎日使うものですから洗いやすい物がいいですよね。

私が使ってるマイボトル

うえの条件を基準に選んだ私のマイボトルを紹介します。選ぶときの参考にしてください。

私は二本のマイボトルを持って会社に行っています。

一本はお茶で二本目はコーヒーといった具合に使い分けてますよ。

こちらはお茶に使っている Hydro Flask ハイドロフラスク というボトルです。 もちろん真空断熱構造の魔法瓶となります。保冷は24時間、保温は6時間ってすごくないですか?!さらにステンレスを二重にしている為、表面の結露の心配がありません。

本体の素材は食器などに使われている 18/8ステンレス で耐久性・耐錆性に優れています。

機能性もさることながら、私が一番気にっているのは蓋です。

このネジ式のキャップって余計なくぼみがないので洗いやすいんです。色々とボトルを見て回ったのですが、なかなかこのタイプってないんです。

そして、コーヒー専用の二本目は、コンパクトなPOKETLE(ポケットル)です。

ポケットルは、ポケットとケトルをあわせた商品名でその名の通りポケットに入るくらいコンパクトです。 容量は120mLで約コップ一杯分。コーヒーを一杯分持って行くのに適したものはないかな?と探している時に出会いました。こちらも真空二重構造になっており保温、保冷とも6時間です。

どれくらい小さいかというと・・・ マッキーの細字マジックと同じくらいの高さなのです。ちなみにハイドロフラスクと並べるとこんな感です。

このポケットル、 このようにラバーの滑り止めが付いているので、デスクで使用する際、滑らないように配慮されています。

ポケットに入れるとこんな感じ。邪魔にならないので2本目に持っておくと非常に便利です。

いかがでしたか?

普段習慣化している飲み物を一気に変えることは難しいかも知れませんが、お茶を買っている方は絶対に節約、エコの観点からマイボトルに変えた方がいいです。

コーヒージュースを買っている方は、節約、健康を考えてマイボトルを検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

物との向き合い方

万能の塩! マグマ塩の効果がスゴイ!

壊れた薄型ノートPCを無理やり分解してみた!

ケロリンコップで飲み物を飲むと○○を飲んでる気分になる

G-SHOCKは最高の時計だ!

1つで4役の万能ワックス 【kippis キッピス 肌と髪のトリートメントワック...