PENTAX FA 77mmF1.8 Limitedの写りが素敵過ぎる

富士フイルムのカメラを買った時もそうであったようにPENTAXのカメラを買うにあたっても、最初の一本から単焦点を買おうとは決めていました。

まさか最初に中望遠を買うとは思ってもみませんでしたけど・・・。

レンズを選ぶ中で、ネットでこのレンズで撮った写真に魅せられ一気に惚れてしまった訳です。

微妙な光さえキャッチしてくれるレンズ

写した物が、目の前にあるような雰囲気が漂う。

FA 77mm F1.8 Limitedの気に入っているところはこの空気感です。

いいレンズはその場の空気まで写るっていう言葉をよく聞きますが、その空気感は微妙な光の加減をレンズがキャッチしているかどうかじゃないかな?と勝手に思っています。

理屈じゃなくて自分の好みであればいい

なんだかんだ言っても、実際に写りが自分の好みであるかどうかが一番重要な訳です。

このレンズ、かなり「写真の味」を重視していて、膨大な実写テストで撮った写真を実際に人が判断して 官能評価で 設計しているようです。

数値だけじゃなくて人間が感じる写真の良さなんかを重視しているのがとてもいいですね。

現になにか特別な空気を写真から感じます。その何が特別なのかはちょっと言葉にする事は難しいですけど・・・

FA 77mm F1.8 Limitedを買って困った事は、他のFA Limitedも欲しくなってしまったことです・・・。

いつか他のレンズも手に入れるぞ!と思いますが、当分はこの FA 77mm F1.8 Limitedでじっくり写真を撮っていきたいです。

関連記事

中望遠の単焦点レンズ一本で撮る訓練 FA77mmF1.8 Limited

一眼レフでスナップは可能か?

今日はFA77mmF1.8 Limited で開放祭りだぞ!

人に不快な思いをさせない為の写真撮影ルール

仕事の出来る人の共通点

アートの街 大分市街をお散歩フォト