辛いなら一週間で仕事を辞めてもいいんだよ

会社に行くのが辛いのなら、仕事始めて間もなくてもやめていいと思います。

そう、それが例え一週間でも。

嫌な会社なのに。毎朝辛くて辛くて・・・それでも我慢して一カ月続いた人。

あなたはすごいです。

私は嫌な会社なら一週間でももちません。何を隠そう、私は人生で二度も一週間で仕事を辞めています。

今日はそんな経験を踏まえてお話させていただきます。

どうして一週間でやめたのか

一社目は専門学校卒業して初めて務めたシステムエンジニア系の会社。もともとコンピュータの専門学校に通っていた為、自然と選んだ職がコンピュータ関係といっただけです。

私自身、生まれて初めて親元を離れての生活でした。

今までじいちゃん、ばあちゃん親、弟と暮らしていた私は一人の生活にも耐えられなかったのでしょう。しかも、システムエンジニアという事もあってか、少しドライな感じの職場であった事も孤独感が高まる要因になっていました。

会社でも孤独。帰っても孤独。ここまで孤独感を感じた事はいままにありませんでした。

そんな状態で5日間なんとか業務をこなしたのですが

もう土曜日には「逃げたい!」と思うようになりました。

日曜に親が様子を見に来てくれたのですが、私の暗い表情を見るなり「どしたの?」と聞いてきました。どうしようか迷ったのですが(実際には正しい判断が出来ない位、精神的にまいっていた)「仕事辞めたい」と伝えました。

母親は「は?」と言って、父は無言でした。その後の事はよく覚えていません。確かそのまま親が家に連れて帰ってくれたような・・・

次の日、私は会社に電話し会社を辞めました。

そして借りていたアパートの敷金礼金、一カ月分の家賃を親に払ってもらいました。自分が親ならぶっ飛ばしています。ほんと親には感謝です。

私が本当に伝えたいのは死にたくなるくらいなら会社なんか辞めちまえ!ってこと

後から聞いた話ですが、母親は様子を見に来た時、私を見てタダならぬ物を感じていたようです。

直感で「こいつ、そのままにして帰ったら死ぬな」と思ったそうです。

そうなんです。死ぬほど辛かったんです。

そのまま仕事を続けていたらうつ病になっていたかもしれません。

とにかく私が声を大にしていいたのは「生きてさえいれば」チャンスはいくらでも転がってきます。

やり直しも効きます。

もちろんいきなり無職になる訳ですからリスクもありますが、辛い思いをずっとしながら毎日生きていくくらいなら、その場で辞めてしまえばいいというのが私の意見です。

私も辞めた後は一年くらいはバイトをして身の回りのお金を稼いだりしました。周りからも色々言われたりもしました。

でも、結果的にはあの時早く辞める決断をしておいてよかったなと思います。

周りの意見を気にして自分の人生を生きる必要はない

辞めると会社に電話で言った時、「一度、ゆっくり話をしましょう。それから決めても遅くないでしょ?」と責任者の方に言われました。

もう会社へ行きたくはなかったのですが、辞めるのには書類上の手続もあるし、やはり直接会って話さないとと思い会社へ出向きました。

その時に言われた事が「一週間で仕事の何がわかるの?」という意見でした。

確かにその通りです。

おっしゃる通りだったので、その場で考え直そうと思ったのですが・・・次の言葉を聞いてやめました。

その責任者の方が次に言った言葉はこうです。

「何十年とこの会社にいる私ですら分からない事があるのに・・・」

この言葉を聞いたとたんに、何十年と務めている会社の事が分からないのに出会って一週間の私の事はもっと分かるはずもないと思いました。その時、私は仕事というよりもこの孤独感が嫌で嫌でたまらないって事に気づいたんです。闇の中を一人で独走しているような感覚です。

結局、表面上は人の事を気にしているようで気にしてないってことが言葉の端端から伝わってきちゃって、もうどうしようもなかった。

その後も「この街を第二の故郷にしてやる」とか「どんな仕事をしたい?」「何がダメだった?」ととてもしつこかった。私にいて欲しいんじゃなくて入った新人が辞めていくのが、自分の責任にもつながってくるというのが、ひしひしと伝わってきました。

というのもこの会社。去年も一カ月チョイで新卒が辞めていたんです。(同じ学校の先輩)

さすがに二年連続はヤバいと思ったんでしょうね。

結果、1時間以上説得されました。これじゃあヤバいと思った私は「実は別にやりたい事があるんです」と嘘を言って辞める口実をつくりました。

すると急に態度が変わって、「ああ、それなら仕方ない。じゃあ、会社が嫌だったんじゃないんだね?」と聞かれ、もうどうでもよくなってハイとだけ答えました。

もちろん嘘をつくのはよくはありませんが、こういった状況の場合、嘘でもついて乗り越えないといけません。

他人に自分の辛さが完璧にわかる訳ありません。親や今まで親しくした人たちですら難しい位ですから、出会って一週間のおっさんに私の気持ちがわかるはずもありません。 まして、他人に自分の人生を決めさせる権利もありません。自分の人生ですからね。

2回目に一週間でやめたのも理由は違えど、とにかく嫌だと感じたからです。

とにかく人間ですからその場が合わないってあると思うのです。それだけの理由で辞めてもいいと思います。

まじめな人ほど大義名分がないと辞めれないと思っている人が多く、責任感から無理して会社に通い続ける人がいますが、自分の気持ちを殺し続けると必ず精神的に歪が出来るものです。うつ病になってからでは遅いです。

繰り返しになりますが・・・

とにかく仕事が嫌で嫌でたまらない人は、すぐに辞めてもいいんです。

人の意見?

世間の目?

そんなの気にしなくていい。

一番気にしないといけない事は

あなた自身の心です。

嫌で嫌でたまらないのならきっとその仕事はあなたに向いていない。

必ずあなたに向いた仕事、居場所があるはずです。

自分の道を決められるのは自分しかいません。

勇気を持って行動しましょう!

関連記事

ネカフェ作業。集中力半端ない!

スーパーで恥をかいた話

2019年の目標

アレルギーかどうかを確かめに病院へ行った話

関東のコンビニは肉まんに酢醤油がついてこない!?

発見!ブログが停滞すると再スタートにエネルギーがいる