各マウントの将来性について考えてみた

デジカメinfoの記事の中に「将来性のあるカメラのマウント」について書かれている興味深い記事を読みました。

記事の中で将来性のあるマウントは

・SONYのEマウント

・富士フイルムのXマウント

との事でした。

売上で見ると、この二つのメーカーは現在トレンドである、ミラーレスに対して早期からかなり力を入れてきたメーカーで、かなり売上の調子もいいです。

特にSONYはフルサイズのミラーレスも出してますし、センサーも開発してますからねぇ。

かなり勢いがあります。

富士フイルムもX-transセンサーの改造感と色味の美しさで独自の路線を走りまくってます。

ミラーレスがこれ程までに普及したのは、スマホの普及の影響が大きいと思っています。

正確に言うとスマホの普及に伴い、SNSが流行ったからだと思います。

SNSでアップする為に高画質な写真を撮りたい・・・

そうなればスマホではなく、センサーサイズの大きなカメラで撮りたいとみんな思います。

しかし、でっかいカメラをぶら下げて出歩き、気楽に写真を撮ることはしたくない・・・

そこでミラーレスの出番となった訳です。

つまり、ボディ&レンズがコンパクトである事がミラーレスが売れてる理由なんですね。

そういった意味ではSONYと富士フイルムはホントにマーケティングがうまかったと思います。

CANONもミラーレスを出してはいますがですが、一眼レフに重きを置いていて、ミラーレス参入が遅れた事が収益の減少の原因でもあるのかなと思います。

初代EOS Mを私も買いましたが、EVFが無いので、一眼レフのサブ機としては非常に厳しいものがありました。

KISSのミラーレス、KISS Mが売れてるようですが、やっぱりみんなEVF欲しいですよね。

去年になって、ようやくフルサイズミラーレスの参入となった訳ですが、SONYと比較してもかなり遅れをとっています。

CANONのミラーレスが苦戦している原因は、レンズのラインナップによるものだと思うんです。

EF-Mマウントのレンズラインナップ。イマイチなんですよね。(^_^;)

少な過ぎるし、「これがあるからCANONのミラーレスを買いたい」というものがないです。

おそらくCANONは一眼レフのEFマウントという大量のレンズラインナップがあるが故にEF-Mレンズの開発に力を注ぎきれてないのでは?

とか勝手に思っています。

これはNIKONも然りです。

その点、富士フイルムは昔からのレンズというしがらみも無いですし、自由に身軽にレンズを一から開発出来たに違いありません。あと、APS-C用のレンズに重きを置いているので、力の集中度合い差もあると思います。

CANONは個人的にも好きなメーカーなので(初めて買ったカメラがCANONだったので、想い入れが大きい)これからのEF-Mマウント、RFマウントのレンズ開発に期待ですね。

何れにせよ、どのメーカーも個性と何かキラリと光るものを武器にカメラを作って行かないことには、埋没して行くだけで、いくら巨大なメーカーであると言っても、あっさり消えてしまう可能性も否定できません。

メーカー同士で切磋琢磨して頑張って欲しいですね。

ちなみに我が愛用RICOHのPENTAX、Kマウントはというと・・・

99%絶望的

だそうです(笑)

いいよ!別に!関係ないし!

自分がいいなと思う物を使うだけ。

・・・しかし、もしKマウントが無くなったら、こうやって好きな機種すら使えなくなるのか・・・

頑張れ!RICOH!

関連記事

フルサイズ機 どっちがいいの?CANON 5D MarkⅣ と PENTAX K...

PENTAX K-1 Mark2で阿蘇を撮ってみた

RAW 自分の色が判らなくなる

SONY CYBER SHOT 写真が撮りたくてコンデジを引っ張り出しました。D...

値段の高いカメラを持つ事への重圧

さようなら PENTAX KP