ペニーボード、メチャンコ楽しいです。

初めての事に挑戦していく企画。ガンプラに続く第二弾はペニーボードに挑戦です。

ペニーボードって何?って方の為にペニーボードの説明をします。

ペニーボードというのはオーストラリアに会社を構える「Penny」という会社が販売しているミニクルーザーボード(スケボー)の事です。

元々Pennyは木製のよくあるトリック用のスケートボードの制作を行っていたそうなのですが、ある時、創始者のベン・マッケイ氏が
「木製以外のスケボーも作ろう!」「そうだ!幼年期に乗っていたクルージングのようなデッキで悪路でもスイスイ走れる丈夫で楽しい、プラスチックのスケボーを作ろう!」
と考えたそうです。

プラスチックだと軽くて持ち運びも楽ですしね。

youtubeにベン・マッケイ氏がペニーボードの誕生秘話を語ってる動画がありますので興味のある方はご覧ください。(何故大阪弁?)

何で私がペニーボードに興味を持ったかというと、最初はちょっと値段の高めのキックボードを買って遊ぼうとネットで探していたんですよね。
そしたらその時にたまたまペニーボードがヒットしました。
「スケボーか、この前やったことないリストに挙げた中にあったなぁ」と思い急に興味が出はじめました。
スケボーなんかかなり未知の領域ですけどね(笑)

本格的なトリックを行うスケボーだったら手を出していなかったと思うのですが、このペニーボードはクルージング(走りを楽しむ)ボードと書いていたのでこれなら自分も出来るかもと試してみることにしました。

早速購入

いつもそうなのですが、気になったら手に入れなきゃ気が済まない達なので、早速購入しました。

出来れば直ぐに手入れて滑ってみたかったのですが、近くに売っているお店が無かったので仕方なくネットで注文しました。

沖縄のショップでしたが2日後に届きました。

開封~

黒にグリーン寄りのブルーがいい感じにマッチしていたのでこのデザインに決めました。
柄なしの真っ黒とか、紺色とかだと9000円で買えたのですが、こういうのってデザイン大事ですよね。
13000円でしたがこれを選びました。

気に入った気に入ったデザインの方が気分も乗るってもんだ!

裏はこんな感じ。タイダルビーチという柄らしいです。

海風を受けて海辺を走りたいですね。

ついてたタグです。海外の若者達が楽しそうにクルージングしています。サングラスなんかかけて気取っちゃって。

こんだけ乗れたら気持ちいだろうな。

裏のペイント部分が剥げてるところを発見。

まあどうせ傷つくしね。
気にせずガンガン乗ろうと決意しました。

実際に乗ってみました。

公園で早速乗ってみました。

初めてのスケボーにおっかなビックリの御年34歳の男をご覧ください。

22インチってこうやって見ると確かに乗る部分が狭いですね(^_^;)

片足をボードに乗せて、もう片方で地面を蹴って滑るプッシュという基本から始めたのですが・・・

メーーーーーチャクチャ!!!クチャクチャ怖いです!!!

片足しかボードに乗っていないため、油断するとスルっと滑って体ごと持っていかれそうになります。

さらに路面が悪いのと小石も落ちてるためガックンガックンなります。

・・・

ちょっと駐車場じゃなく、公園側の舗装の綺麗な方に移動です。

おお!!やっぱり路面がいいと滑る滑る!

いやっほう!

実は私、滑る系のスポーツが大の苦手なんです。
高校の修学旅行でスキーに行ったのですが、スキー板で「止まる」という動作が出来なかったので常にインストラクターに迷惑をかけていました。

「じゃあ説明するから止まってね。」と言われても止まれないので「もういいやみんな進もう!」と諦められる始末でした。

もちろん、アイススケートもあまり得意ではありません。

そんな私がこのスケボーでは開始10分である程度滑れているではありませんか!

最初はプッシュも難しいと書いてあったのでかなり嬉しかったです。

・・・と喜んでいたのつかの間!

この後盛大にズッコケました(笑)

プッシュで地面を蹴ったつもりがボードの後ろに当たってしまいバランスを崩してしまい、ドーンと後ろにひっくり返りました( ⊙ ε ⊙ 😉

危ないです!もっと慣れるまで慎重に練習せねば・・・

↑若干乗るが怖くなってボード片手に彷徨う男。

まとめ→ペニーボードは楽しい

正直、初心者の大人が公園や道でヨロヨロしながらスケボーに乗ってるのを見られるのはちょっと恥ずかしいです。
スピードも出せないし、うまくも滑れない。
怖さもありますが、それ以上にペニーボード・・・

純粋に楽しいです!

なんだろう。

出来ないことが出来るようになる楽しさを久々に味わった気がします。

出来ないからこそ楽しいんですよね。

あと、何より嬉しかったのは滑りオンチな私でも比較的簡単に滑る事が出来た事です。
これならスキーは無理でもスノボーはいけるのかも知れません。
(意外とペニーボードって誰でも簡単に乗れるものだったりして・・・(^_^;))

あと、ペニーボードって普通のスケボーと違って走行音が静かなので夜のクルージングにも向いていると思います。
一昨日は日が暮れてから子供と一緒に家の前の道路を走りました。(子供はキックボード)

夢中になって200mの道を5往復もするほど楽しかったです。

ペニーボード同好会みたいなのが近くにあって、少人数でナイトクルージングなんか出来たら最高でしょうね。

もっと、うまく走れるように練習します(*⁰▿⁰*)

関連記事

超初心者がガンプラRG RX78-2ガンダムを組み立ててみた その1 ~ 脚 ~

超初心者がガンプラRG RX78-2ガンダムを組み立ててみた その2 ~ 完成 ...

30代のパパがたまごっちみーつで遊んでみた

生まれて初めて自分でガンプラを買いました。

新しいボードゲームを買ったらルール説明は命がけ

RG RX78-2ガンダム 撮影会