写真に説明はいらない

最近、ブログが停滞気味です。

というのも、写真は撮っても投稿するのにブログって文章が必要な訳じゃないですか

写真に対して文章がたくさん思いつけば良いですが

こんな写真や

こんな写真のコメントって

散歩してて光の加減が綺麗だったから撮りました。以上

で終わっちゃう訳ですよ。゚(゚´Д`゚)゚。

基本撮った写真は文章にしなくても「写真が語ってくれる」と思ってアップしているたちなので余計に文章に詰まっちゃうんですよね(^_^;)

あくまで作品としての写真に限りますが(作品と言う言い方あまり好きじゃないけど他に表現が見つからない・・・)写真を文章で説明してしまうと、写真を見た方にも自分の感じた事を押し付けちゃう気がするんです。

もちろん旅先の記録とかを文章で綴らないとわからないので、ケースバイケースだと思いますが、私の場合は圧倒的に文章にし辛い写真が多いので困っています(^_^;)

写真だけの記事があっても良いのかな・・・

関連記事

みんな中望遠好きになぁれ!

週末に何を撮りに行くか考えると幸せな気分になる

ブログのタイトルについて

窓越しの世界

仕事の出来る人の共通点

PENTAX K-1 Mark2で阿蘇を撮ってみた