PENTAX KP& FA 77mm F1.8 Limitedで週末フォト

週末、PENTAX KPとFA 77mm F1.8 Limitedで早速写真を撮りに行ってきました。

マニュアル読んでないけどなんとかなるっしょ!

ストラップを装着してレッツフォト!

いつもの散歩コースではなく、駅の周辺をブラブラしながら被写体を探しました。

モードをマニュアルにして早速スナップです。

・・・っと、凄い違和感が・・・

考えてみたらミラーレスではマニュアル撮影をしてきたんですけど、レフ機でマニュアル撮影をした事がなかったんですよね。

露出計を見ながら出てくる絵を想像しての撮影です。

よっと。

こんな感じかな。

あれ?

もうちょいローキーな感じに仕上げるつもりが、露出計を信じたらこんな感じに。

あれか。フォーカスポイントで露出するスポット測光になってないからか。

測光方法の変え方がわからず立ち止まって色々いじってみます。

やっぱりマニュアルはある程度読んで、最低限の設定だけはしておいたほうが良かったかな。(^_^;)

帰ったらボタンの割当含めてカスタム設定をしまくろう。

無事スポット測光になったので撮影再開です。

KPの操作に慣れるためにそこら辺に置いてある物を切り取りまくります。

「FA 77mm F1.8 Limited」ちょっと古いレンズですが、AFの性能に問題はありませんね。上の2つの写真はガラス越しでしたがAF正確にキマります。

ただこのレンズ、メチャクチャ音がうるさい・・・

「ギギュィーーーーン」と電動ドライバー回しているような音がしますので静かな場所での使用は控えたほうが良さそうです。



パッと写した感じでは自分の思った以上の写りです。

最短撮影距離が長くて寄れないのもあまり気になりませんね。(そりゃ、これだけ画角が狭かったらね・・・)

そして、なんといってもこの色味と立体感がいいですね。

モード(FUJIでいうとこのフィルムシュミレーション?)はすべて「鮮やか」で撮っていますが、いい色です!(*^^*)

「雅(みやび)」も今度試してみようと思いますが、これくらいがクドくなくていいかもしれません。

ピントがあってることはシャープですし、素晴らしい。

サボテンの生々しさも素晴らしいですが、何よりこのボケ。

キレイですね・・・。

画角も望遠でF値も小さいのもありますが、ここまでキレイなボケのレンズってなかなかないと思います。

RAWで撮っていると思ったのですが、すべてJPEGになってましたので調整なしの撮って出しです。

RAWで現像せずにこれだけいい色に仕上がったらとてもいいですね。

FA 77mm F1.8 Limitedを使ってビックリしたのが、「ハイにした時に白飛びしなくて結構粘る」という事です。

私自身ローキーな写真が好きなので、以前は暗めの写真を撮っていましたが、このレンズは明るい写真がとても美しいと感じます。

太陽の光が当たり、日陰と日向の境があったのですが、この写りには一番ドキリとしましたね。

このハイが飛ばずに粘るって事は「光」の表現の幅が広がる事を意味します。

それが空気感だったり、立体感だったりにつながっているんじゃないかなと思います。

このKPとFA 77mm F1.8 Limitedの組み合わせメチャクチャいいですね。

久々にワクワクして楽しくなってきました!

今後もこのカメラとレンズで世界を切り取りまくっていきまーす\(^o^)/

関連記事

カメラ、レンズのカビ対策

標準レンズと中望遠レンズの感覚の違いまとめてみた

富士フイルム Xシリーズ X-Pro2は自分にとって最高のカメラ

撮影前の試し撮りは大切

時間ない週末フォトグラファーは朝活せよ!

会社帰りにアジサイを撮りに