週末に何を撮りに行くか考えると幸せな気分になる

平日は仕事が忙しく、写真を撮ることの出来るまとまった時間がなかなか取れません。

そうなると平日に考えることはただ一つ。

「週末は何を撮りに行こうか」

と言う事です。

これを考えるだけでワクワクしますし、幸せな気分になれます。

休みの日くらいは遅くまで寝ていたい・・・

なんて思う訳がありません!

休みの朝という素晴らしいゴールデンタイムを寝て過ごすなんてありえません。

週末の楽しみがあると仕事頑張れる

週末に楽しい趣味があるのとないのでは仕事のモチベーションが違います。

以前、カメラを無理やり売ってしまった時期があったのですが、休みの日はどこに行ってもカメラを持って行く生活をしていたので、一気に楽しみが無くなり、しばらく気を紛らわすのが大変でした。

その時の状況→カメラを手放して思った事

ほかに楽しみを見つければいいとは思うものの、写真という趣味を超える物は見つかりませんでした。

平日は、仕事をこなしクタクタで帰りつく。

子供の顔を見ると癒されるけど・・・子供の写真が撮りたい。

 

休みは家族でどこかへ出かけよう!・・・出た先で写真が撮りたい。( ノД`)シクシク…

 

よーし!休みとれたぞー!どこ行こうかな・・・写真が撮りたい!!!(´;ω;`)ウッ…

 

何のために休み取ったんだ・・・?(´;ω;`)ウゥゥ

 

カメラが無いだけで一気に空虚な気持ちになりました。

自分は写真を撮る事が楽しみで仕事を頑張っていたんですねぇ。

 

もちろん、家族を養うのに必要なお金をいただく為に働いています。

しかし、いくら養うためとはいえ、仕事ですから日々嫌なことだって起こります。

その時、自分の楽しみが休みの日にあるっていうだけでどれだけ救われることか・・・

趣味の事を考えるとホントに幸せな気持ちになれます。

ある意味、自分の場合、撮った写真というか、写真を撮るという行為に救われているのでしょうね。

 

写真を撮ることで私自身が幸せな気持ちになれて、見た人が幸せな気持ちになれる。 そんな風に写真を続けていけたらいいなと思っています。

へんてこな写真が多いですが、最高の一枚を追い求めて、これからも頑張ります。

関連記事

富士フイルム Xマウント レンズ 「XF50mmF2 R WR」は値段以上の写り...

写真が撮れない時間も大切にする

フォトレッスンがあったら行ってみたい

写真のマンネリ、スランプ打破! すぐに実践できる 4つの打開策

RAWで撮ったつもりがJPEGで撮ってた話

ブログのタイトルについて