自分の撮った写真が好きだ!

今まで写真を撮ってきてハッキリと言える事

それは・・・

自分が撮った写真が大好きだって事です。

こう言うと

「ナルシストなんじゃない?」

と思われるかも知れませんが、自分が撮った写真を嫌いな人は写真なんて撮らないと思うんですよね。

ましてやこうやってブログにまであげて人に見せたりしないと思います。

自分の気持ちに素直になる

自分の写真もいいなぁと思いますが、もちろん私も他の人が撮った写真もいいなぁと思います。

この人の感性、技術には勝てないなぁと思う写真も多くあります。

でも、そういった写真を見るともっと自分にしか撮れない写真もあるんじゃないかなと強く思うんですよね。

カメラはその人の感性を具現化する道具

写真ってカメラさえあれば誰でも撮れるものですが、シャッターを切る時にその人の感性が色濃く写り込みます。

例えば几帳面な性格の人はキチッとした写真が多くなったり、可愛いものが好きな人は可愛い感じに仕上げたりする傾向がありますよね。「ああ、この人らしいな」とか写真を見ていて思うのは、そういう物が写真を通じて見えるからだと思うんです。

カメラってその人が美しいとか可愛いとかクールだとか思った事を形にしてくれる魔法の箱だと思います。

(前にも書いたかな・・・)

とにかく、カメラ持ってる人はグダグダ考えずにフォトタイムを楽しみましょう!(*´Д`)ハァハァ

関連記事

世界はこんなにも美しい

【写真】バラ園に行って気付いた事→やっぱり花を撮るのが苦手です。

フォトレッスンがあったら行ってみたい

富士フイルム Xシリーズ X-E1で撮れる写真の色はX-Pro1と同じなのか?

中望遠の単焦点レンズ一本で撮る訓練 FA77mmF1.8 Limited

PENTAX K-1 Mark2で阿蘇を撮ってみた