【反省】写真を撮って怒られた話。マナーを守って楽しく撮りましょう!

昨日、休日出勤で仕事に出たのですが、思いの外早く仕事が片付いたので、帰りに写真を撮ろうと思い車でブーンとちょっと足をのばしました。\(^o^)/

前々から気になっていた機関車庫の跡地を撮りに行ったので、満足しつつもまだ日没には時間があったので、「まだ撮りたいなぁ」と思いながら車を走らせました。

帰り道で辺りをキョロキョロと見回して撮影スポットを探していたのですが、山道で道がうねって危ない(^_^;)

ちょっと民家が多いところまで出てから撮ることにしました。

・・・とここまでは安全を考慮して行った行動だったのでよかったのですが、この後の私の行動がよくなかった。

私は通常車を停めれるポイントまで移動して、そこから車を降りて散歩しながら撮るスタイルなのです。

・・・が、昨日は近くに停める場所もないし、撮りたい物の近くに停めて車の中から撮ろうと考えてしまったんですね。

車を停めて、撮って、また車を走らせ、撮ってと何枚か立て続けに撮りました。

そして何枚目かを撮ろうとしている時に事件は起きました。

左側に無造作に植わっている花を撮ろうと車を停めたのですが・・・

たまたま右側に可愛い植木鉢に植わった花を見つけたんですね。

瞬時にシャッタースピードをいじって露光を合わせようと試みますが、なかなか思ったように光を読むことができませんでした。

何回か撮って絞りも変えようと試行錯誤していると・・・

突然

「何してる!」

と怒鳴り声が( ⊙ ε ⊙ )

一瞬自分に言ったんじゃないと勘違いしたんですが、目を向けると明らかに自分の方を見てるおじさんがいました。

ああ、これはヤバイなと思ったんですがとっさに言葉が出ない・・・

「何してるんだ!」

二回目です・・・

流石にこれ以上何も言わないのはまずいと思ったのですが、やっとでてきた言葉は

「あああ、すいません」でした(^_^;)

その後すぐに立ち去ればよかったのですが、パニックっていたのか、気が付いたら最初に撮ろうとした左側の花を撮っていました。(ホント何やってんだ)

そのあと、ようやく車を走らせその場から遠ざかりました。

バックミラーで確認するとおじさんがこちらを見て立っていました。

帰り道ものすごくモヤモヤした気持ちでした。

まず、おじさんに不快な思いをさせてしまったという罪悪感。

そして、怒られてるのにちゃんと説明出来ずにその場を去ってしまった自分への情けなさ。

色んな感情が湧き上がってきました。

そもそも今回こういった事になってしまったのは、私がズボラな写真の撮り方をした事に原因があります。

車の窓からカメラで撮ってる男がいたら、誰でも怪しみますよね(^_^;)

これは歩いて写真を撮っているのとは大違いです。

ホントに注意しなくてはいけないなっていうかやっちゃいけない行為だったと猛反省しました。

私は人を癒やしたいと思って写真を撮っているわけで、今回のように人を不快にする為に写真を撮ってる訳じゃありません・・・

今後ホントに気を付けよう・・・

皆さんも写真を撮る際は、マナーを守って楽しく撮りましょう!

関連記事

門司港 夜のお散歩フォト

ふんわり優しく写る「ほのか」

中望遠の単焦点レンズ一本で撮る訓練 FA77mmF1.8 Limited

大金を稼ぐ人と並に稼ぐ人の違い

写真を撮る上で今後の方向性を模索

PENTAX KP& FA 77mm F1.8 Limitedで週末フォト