RAWで撮ったつもりがJPEGで撮ってた話

もうタイトルで伝わっていると思いますが・・・

先日、お散歩で撮った写真。

RAWで撮ったつもりがJPEGオンリーで撮っておりました!\(;^O^)/

原因は先日書いたこの記事↓

K-1の後継機として発売されたK-1 Mark2ですが、様々な機能がパワーアップしています。 その一つにISO感度の拡張がありますが、K...

何枚も検証用の写真を撮った際に、いちいち現像するのも面倒なので、JPEGの設定にしていたら物の見事に戻し忘れていました。

一度「JPEG一発撮りに挑戦!」とか最初から自分で設定しておいて、緊張感のある状況で撮影をしてみたかったのですが・・・

撮影前にカメラの設定はきちんと確認しようと心に誓う

普段RAWでしか撮らないので、何の疑いもなく撮ってました。

しかも、カメラ内で現像しようと思って出来なくて気付きました。自分でもビックリです。

撮影前に事前のチェックって改めて大事だと思いました(^_^;)

仕方ないのでJPEG一発だしの画像をPCに取り込みました。

JPEG一発出しでも問題ない

とはいえ、私の場合RAWで撮っても調整するのは露出位なんですよね。

こんな写真はちょっと露出を上げたいところですが、このままでも問題ないですね。

というか、もう変えられないので迷いがなくなって逆にいいのかもしれません。

いつも無駄にRAWで撮って、ちょっとの調整に時間を使いすぎているのかもしれませんね・・・

マニュアルで撮っているので、撮ったら普段から写真を確認する癖があるので、露出は撮った段階で自分のベストの状態となっている事が多いです。

ノーファインダーで奇跡的におばちゃんを捉える事に成功。いつもなら撮っても露出は補正するところですが、カンでしたがその必要もありませんでした。

これも、ノーファインダー。働く人の背中はかっこいいな。

この写真は少し露出を下げると、また不思議な感じに仕上がりそうで楽しみにしていたのですが・・・しかたないですね。

同じく。これももうちょっとローキーに仕上げてみたかったです。カスタムイメージで銀残しにしても面白かったかもなぁ。

いつもの「なんとなく撮り」

こういった提灯って企業が提供してくれんでしょうか?お店が買ってる訳じゃないですよね?

ハロウィンって終わったんじゃないんでしょうか?詳しくないのでわかりませんが、かわいいので良しとします。

やっぱり、街の片隅を切り取るのって楽しいですね。

JPEGのメリットってなんだろうな

思いがけずJPEG撮りになってしまい、なんとも言えないのですが、想像するにJPEGの設定ってPCなんかに取り込む時、 撮り終わったらすぐに転送して使える状態なのですごく楽チンでしょうね。

おそらく撮っている時も気楽に撮れる感じがしますね。撮ったら撮りっぱなしで半分「なるようになれ!」っていう気持ちがあるからかな?

あと、JPEGならSDカードの容量もくわなくて済むので、たくさん撮れるというメリットもありますね。

・・・ただ、写真を見ているとやっぱり、「現像でカスタムイメージを変えて遊びたかったなぁ」と思いましたね。たまにROWで条件を変えて遊んでいると、なんでもない写真が化けたり、面白い発見があったりするんですよね。

なので、よほどの事がない限りはやっぱりRAWで撮っていきたいですね。

関連記事

世界はこんなにも美しい

写真を撮る上で今後の方向性を模索

街の断片を集めて

富士フイルム Xマウント マクロレンズ XF60mmF2.4 R Macroの写...

写真家 市橋織江さんの写真と言葉に救われたこと

人に不快な思いをさせない為の写真撮影ルール