理想の写真は海の波のように

やっと PENTAX K-1 Mark2の操作とレフのファインダーに慣れてきました。

あとFA 77mm F1.8 Limitedの画角と距離感も掴めてきた気がします。

その効果もあってか、撮った写真の中には、「おお!これは!」と思えるものが増えてきました。

海で見つけたカルバン・クラインの香水

ボディとレンズの織り成す力のおかげで、絵としてはどこか繊細なものが撮れてると思います。

センサーサイズが大きいってのは良いものですね。

たくさん写真をネットで見てきましたが、最終的に自分が求めているのはフィルムの写りなんだと最近気付きました。

中でも中判カメラのフィルムの写りが最高だなぁと思います。

しかし、フィルムも確かにいいのですが、デジタルでもここまで繊細に撮れるのであれば問題はないなとも感じています。

特にこのレンズとの組み合わせは本当に惚れ惚れします。

FA 77mm F1.8 Limitedはちょっと古めのレンズですが、官能主義のレンズで、現在のデジタル設計のレンズとは違う描写をします。

この写りはフィルムに近い描写だと思います。

フィルム時代のレンズということもフィルムのような写りをする事に関係しているのかも知れませんね。

フリンジが出たりして完璧ではないですが、味わい深い写りをします。

ちょっと機種、レンズ共にべた褒め状態ですが、

実際、このK-1 Mark2とFA77mmで撮っていると久しぶりに

「何かすごいものが撮れそう!」

というワクワク感があるんですよね。

・・・といいなぁと思う写真が撮れたと思ったのもつかの間。

気を抜くと、その後駄作を連発してしまいました。

理想に近づいたら遠ざかる。

まるでこの海の波のようです。

完全に機種、レンズ頼みはダメですね。

もっと腕を磨きます。

関連記事

RAW 自分の色が判らなくなる

仕事の出来る人の共通点

カメラは新しい世界を発見できる最高のツールだ

写真の色

写真を撮る上で今後の方向性を模索

世界はこんなにも美しい