富士フイルム Xシリーズ X-Pro2は自分にとって最高のカメラ

X-Pro2を手放して10ヶ月経ちました。

今思えばこれ程までに真剣にカメラと向き合ったカメラはありませんでした。

どこへ行くにも一緒でした。

恋人、いや俺の嫁同然だったのかもしれません。

改めて撮った写真を見てみると、これは・・・と思うような写真が多いです。

この写りは反則でしょ!

けまりん

けまりん
やっぱりいいよ~!Pro2ぅ!!!

操作に関してもいう事なしだし、シャッター音最高だし、防塵防水だし、アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー(名前長い!)はミラーレスのファインダーとしては究極系のファインダーだと思うんです。とにかく撮って楽しい、撮った写真を見て楽しい・・・そんなカメラだったなと。

レンズは個人的にXF35mm F1.4R組み合わせが最高。AFスピードは遅いもののF1.4という明るさを持っているためM幅広い表現ができます。

これまたローキーに撮った時の色味がいいんです。

もちろんハイキーに撮ってもいい色ですけどね。カメラに加えてレンズがとても素晴らしい。レンズの魅力はFUJIFILMを選ぶ理由の一つです。

次に買うカメラを色々摸索していますが、結局X-Pro2に戻ってきてしまいます。

X-Pro2でまた写真を撮りまくりたいなぁ。絶対に買い戻したいカメラですね。

無理をすれば買い戻せる位のお金は工面できますが、今買い戻したいかというとそうでもないです。

それはなぜかというと・・・別のカメラでやりたい事があるからなんですよね。

いま興味があるのはコンデジの世界です。

1インチ、APS-Cのセンサーのコンデジってどうなんだろう・・・私に撮らせてみなさいといった、ちょっと挑戦的な気分で買ってみたいんです。どこまでそのカメラで出来るのかも見てみたい。

どう転ぶかわかりませんが一度やってみたいと思ったら、ブレーキをかけるのが難しい性格なのでおそらく手を出しちゃうんだろうなぁ。

関連記事

PENTAX K-1 Mark2 ISO感度の実力は?高感度検証

PENTAX K-1 Mark2に変えて変わったこと

たった一つの事で絶対見つかる!自分の理想のカメラとレンズ

GRⅢ(GR3)が欲しい3つの理由と微妙な所3つ

各マウントの将来性について考えてみた

値段の高いカメラを持つ事への重圧