値段の高いカメラを持つ事への重圧

X-Pro1を買った当初は写真に対しては少し距離を置いていた気がします。前にもカメラを持っていて売っちゃった経験もあるので特に写真を撮る事に執着せず、自分の負担にならない程度に写真を撮っていこうと決めていました。

カメラって値段が高ければ高いほど性能も良くなります。それに合わせてレンズもいい物を・・・となると軽くウン十万は超えてきちゃうんですよね。

そうなると「6万円のレンズ?安いじゃん!」って金銭感覚がやばいことになっていきます・・・。

持っているカメラ、レンズの総額が上がるにつれて上がってくるものがあります。

それは腕・・・であればいいのですが、残念ながらいいカメラとレンズを持っていても腕は上がりません。

上がるのはモチベーションです。

そして、その後に待っているのは「いいカメラを持っているという重圧です。」

「いいカメラを買ったんだからもっと写真を撮らなきゃ」とか「周りに見られているんだから、ちゃんとした物撮らなきゃ」とか「こんな高額の電化製品、壊したら大変だ・・・」等々、一気にプレッシャーが押し寄せてきます。

なによりカメラ自体が放つオーラが「撮れーー!」と訴えかけてくるようになり、目を逸らそうにも逸らせない状態になってきたら、もうキツイだけです。

私もフルサイズ機を持っていた時は、そんなべらぼうに高いものではないにしろ20万近くの物を所有していながら写真を撮らずにしまっている状態がとても辛かったです。

こんな状態になったら写真を撮る行為を楽しめなくなるので、ただただ辛いだけでした。

そんな理由からこのカメラでは「撮りたい気持ちが沸き上がるまで待ち、撮りたい時にだけ撮ろう。」と考えていました。

写真とカメラに距離をおいてゆっくり付き合おうと思って買ったカメラだったのですが・・・X-Pro1はそうはさせてくれませんでした。

手にしたら撮らずにいられない気分になっちゃうんですよね・・・不思議と。

さらに、阿蘇でX-Pro1から出る色の魅力に気づいた私は、すっかりこのカメラの虜になっていました。自分の身の回りの気になる物を見つける度に「これをこのカメラで撮ったらどんな風に写るんだろう」とワクワクしていました。

今考えたら撮れた写真に感動して、こういった高揚感をカメラで感じた事は今までなかったかもしれません。

平日撮れるのは会社帰りでしたが「暗くてもなんでもいい。とにかく写真が撮りたいんだ」という気持ちでしたね。

撮りに行ってはいいものが撮れずにガッカリして、それでも懲りずにまた撮りに行く。

ゆっくり向き合うという方向とは違った方向に行っちゃったけど、これはこれでよかったなと思っています。

良いカメラに出会えた事に感謝です!

関連記事

フルサイズ機 どっちがいいの?CANON 5D MarkⅣ と PENTAX K...

一眼レフ、ミラーレス マニュアルモードで撮ってみませんか?

今日はFA77mmF1.8 Limited で開放祭りだぞ!

たった一つの事で絶対見つかる!自分の理想のカメラとレンズ

カメラ、レンズのカビ対策

PENTAX FA77mm F1.8 Limitedが好きだ!と叫びたい!